育児に家事、終わったらゲーム、そして時々整備士

育児、家事、ゲーム、で仕事の車関係を中心に日常の一コマ、ふと思った事、得た情報なんかを書いて行こうと思っております。

三男坊のボクに対する要求がものスゴい件

【スポンサーリンク】

最近、1歳9ヶ月の三男坊が凄いんです。可愛くて可愛くて仕方なくて、いつもかまってあげるんですが、そのせいか、ボクに対してのワガママが凄い・・・。

 長男が生まれた時は可愛がってあげるほどの余裕は無かったと思います。分からない事だらけで必死だったんでしょうね。けど、写真は一番たくさん撮ってる。その辺が長男なんでしょうね。

 

次男坊は長男と顔つきが違い、とびきりのタレ目(´ε` )それがまた可愛かった。2歳ぐらいまでは、それはそれは可愛い可愛いと言ってました。

が、奴は可愛いだけでは済まされない、長男がやらなかったようなことを、次から次へとやらかす問題児となりました。今でもタレ目の可愛さは健在。しかし、いつも怒られてばかりいます。

 

さて、三男坊。昔の写真を見ると長男そっくり。なのに、長男が赤ちゃんの時以上にかわいくて仕方ありません(。>﹏<。)

その結果、私はいっつも三男坊とベッタリです。

三男坊も甘い人間を分かってか「トト~、トト~」とやたら叫んでいます。それがまた可愛いんでしょうね。

 

そんな、三男坊なんですが、最近ボクに対する要求が凄い(-.-)

私は自営業なので、お昼ごはんは家で食べます。少し先に三男坊と嫁がご飯を食べています。どうせなら、ボクより早く食べていてくれて構わないのに…。

ボクが台所へ行くと、「トットォ」と指を挿して言い始め、ご飯を分けていざ食べようとすると、大概三男坊は食べ終わります。すると不安定な子供用の椅子に立ち上がり、手を合わせ

「った~。った~(・∀・)」(←ごちそうさまでした~の意)

と言い始めます。

そして得意の「トットォ、トットォ」と言い始めます…。

いやいやいや、まだ俺食ってね~から(-_-メ)

そこで、嫁だったり、ばあちゃんだったり、ボクが居間へ三男坊を放り込んできちゃいます。

で、昼飯をササーッと食べて、一人で居る三男坊のところへボクは行くわけです。

ボクは毎晩、嫁、子供が寝てから晩酌し始めるので、寝るのが遅く、お昼寝が必要な体なのです。

ましてや、午後に車検が入って居ると、小一時間ほど運転しなければならないわけで、お昼寝しないと眠くて眠くて、一回休憩しないと辿り着けなくなってしまいます。

なので、なんとしても、お昼は寝たい。

こたつに入ってゴロンとしてると、早速三男坊が襲いかかって来ます。

何かしら言ってきます。

それは、ゲーム機だったりスマホだったり、ウルトラマンのソフビだったり、はたまたCSのキッズステーションにチャンネル変えて~だったり。

今は日本語訳してますが、本当は全く言葉になってませんからね(-.-)

ブルーレイレコーダーのリモコンを持って「ちぃ~、ちぃ~」と言ってた時はしばらく理解できませんでした。

 

どうやらアンパンマンの事らしい。

 

アンパンマン→アンパンチ→チ→ちぃ~

 

アンパンマンの面影全然ねーじゃんよ(。>﹏<。)

嫁が、アンパンマンの事をアンマンチと言ってたせいでしょうね。

絶対正解が分からない伝言ゲームだよこりゃ、字数減ってるしさぁ(T_T)

 

キッズステーションでアンパンマンがやっているのをちゃんと分かっている三男坊。

番組表を開くとキッズステーションのロゴは分かるようです。

「ん~、ん~」

と言って、指を指します。

だから、ボクはそれを付けてあげます。

 

 

プリキュアやってるけどね・・・。

 

 

三男坊「なァァァ~(# ゚Д゚)」

 

 

と、襲いかかってきます・・・。

いやいやいや、アンパンマンチャンネルじゃねーからさぁ・・・。

 

「アンパンマンはやってないんだよー」と言っても、最近お得意の

 

「な~んで!な~んで!」←これは結構はっきり言う。

 

じゃあ、アンパンマンが見たいんだろうと、録画してあったアンパンマンの映画を再生させてあげす。

 

すこ~しだけ見ます。が、またリモコンを持ってきてキッズステーションを見せろと。

そして、アンパンマンを見せろと騒ぎます。

 

 

最近理由が分かりました。

 

 

ヤツも眠いんです(-_-メ)

 

だから、分けわからなくなってグズグズしやがるんですよ!

ボクと同じタイミングで眠くなる可愛いヤツだなぁ…。

 

 

っては、なりません!

 

なんたって、こっちも眠いから!

 

強制おんぶです。大暴れしますが、無理やりおんぶです!

 

体をのけぞり、腕を突っ張り、半端なく耳に響く声でギャーギャー泣きわめきます。

 

 

そして、最後の悪あがきが終わり、三男坊が眠りについた頃、ボクのお昼寝タイムは終わりを告げるのです・・・。

ま、寝顔が可愛いから午後の仕事も頑張んなきゃなって思いますけどね(^^)