育児に家事、終わったらゲーム、そして時々整備士

育児、家事、ゲーム、で仕事の車関係を中心に日常の一コマ、ふと思った事、得た情報なんかを書いて行こうと思っております。

耳が悪いのか?それとも聞かないだけなのか?

【スポンサーリンク】

タイトルの案件。子供って何を言っても反応が無い時ってありますよね?

絶対に聞こえてるよねぇ?

ねぇ!

 

おいゴルァ(# ゚Д゚)

 

って時、ありますよね。なんなんだあいつらの集中力は…。嫁によく言われます。

「トトそっくりだよ」

って・・・。

 

コレだけ引っ張りましたが、子供の事では無いです。

 

 

ウチのお義母さんの話です(´・ω・`)

これまでに何度か書いてきた、ウチのお義母さん。

言い間違いだけではなく、耳も遠いのです。多分…。

 

多分と言うのは理由があります。後で話します。

 

 

お義母さんはテレビのボリュームがやたらデカイです。

声もデカイです。

話も噛み合わない時が多々あります。

もう、耳が遠いフラグは立ってると思います。

正直とってもイライラします。けど、そこはお義母さん、ボクは噛み合わなくなったら放り投げておしまいです。

けど、嫁は違います。何度でも言います。イライラしながら…。

当然お義母さんと喧嘩のようになります。

ま、ボクも実の母ならキレてますね(´ε` )

 

補聴器つけろや(# ゚Д゚)

 

って、言っちゃうと思います。いや、多分母ちゃんには言わない。バーちゃんにならマジで言うと思うけど・・・。

 

けど、本当は聞こえてるんだけど、あえて聞かないようにした結果、言われた事が片方の耳から入って、反対の耳から出ていくようなシステムになってしまった・・・。

のでは?という疑惑があるんです。

ようは、地獄耳とまでは言わないにしろ、都合のいい耳とでも言うんでしょうかね?

 何の為の耳なのかって話ですよ。

 

いよいよ本題。聞いてもらいたい出来事

お義母さんにお客さんが来ました。

よく来るお義母さんのお友達です。まず、お義父さんがお客さんに気づき、玄関から二階にいるお義母さんを呼びました。

そんなとこから叫んだって聞こえやしないんだよお義母さんには(´ε` )

婿のボクでさえ分かっているのに、まだお義父さんは分からんのか!?

代わりにボクが返事をしてあげましたよ(-_-)

そして、階段の下からボクも呼びました。

「お義母さ~ん」

全く反応ナシ。二階に定住しているチワワはバタバタと走り回り、ワンワン吠えているというのに、お義母さんの返事がありません。

3回読んでも返事が無いようなら、ボクは諦めますよ…。

奥の手です。外に出て窓めがけて叫びます。お客さんにも読んでるんだよアピールが出来て一石二鳥です。

けど、ダメでした…。

お客さんにも、諦めて貰いました。『居ないのかも…』って。コーヒーだけ出して置きました。

部屋に戻ると嫁が『何?』と。

事情を説明すると、嫁がお義母さんを呼び始めました。

「おかー!居ないのー!お客さんだよー」って二階に向かって叫びました。

もう三人目だよ・・・。

諦めたらイイじゃん。居ないって事でイイヨってボクは思うんです。ホントはいるけど…。

するとお義母さんがドタドタと階段を降りて来ました!

 

「なーに、騒いでんだよ(´゚д゚`)」

 

って。

 

イヤイヤイヤ、ボクとお義父さんが呼んでも聞こえないから、嫁がおっきい声で呼んだのに、『なんの騒ぎだ!?』って半ギレされても…。

加減が難し過ぎでしょ(´・ω・`)

 

ホント、補聴器つけて欲しい。

客商売してるのに耳が遠いってのは致命的だと思うんですよね~。

 

子供以上にネタに困らない、お義母さんでした。