育児に家事、終わったらゲーム、そして時々整備士

育児、家事、ゲーム、で仕事の車関係を中心に日常の一コマ、ふと思った事、得た情報なんかを書いて行こうと思っております。

子供のお薬管理ってどうしたら良いもんか?

【スポンサーリンク】

先日、突然、熱を出した次男坊。

www.ultranototo.club

 

嫁が、風邪気味だった三男坊も連れて、近所の小児科に行って来ましたよ。

まぁ、次男坊は熱が39度あったので、熱冷ましの『カロナール』と風邪全般の『ムコダイン』。

三男坊は『ムコダイン』のみ処方されて帰ってきました。

近所の小児科は抗生物質は出しません。子供の自己免疫作用を重視して居るからだそうです。噂で聞きました。

 

ってか、子供が産まれてから、薬の名前に詳しくなった気がしますね。

親は偉大なりってね(´ε` )

 

でも、今回の話は違います。薬の知識関係ないです。

 誰が子供に薬を飲ますのか?

前から気をつけていたんです。

ボクが薬を飲ませたのに、また嫁が薬を飲ませるんじゃないかって事を。

 

ボクは自営業なので朝、昼、晩と家にいます。当然ご飯も一緒です。

嫁はご飯時は準備や洗い物などで、バタバタしているので、ボクが子供と一緒にいます。

ご飯食べ終わって、暇だし薬でも飲ませよっかなぁって思うんですよ。

けどその時に、嫁ももう薬を飲ませているんじゃないだろうか?って思うんです。

その時に嫁に聞きに行けば良いだけの話なんですけど、ちょっとだけ面倒で、子供に確認してしまったんです。

 

 

5歳児を信じた

嫁は風呂場に居ていないし、わざわざ聞きに行くのも、『オレが薬飲ませてあげるよ~』って恩着せがましく思えて、自己判断で次男坊と三男坊に薬を飲ませました。

次男坊は5歳なので、流石に薬を飲んだかどうか分かるだろうと思って、よく確認しました。もっとも、スポイトのティッシュのくるみ方で、ボクが朝くれてから、嫁は飲ませていないな、ってのが分かったので薬を飲ませました。

そして、ボクが、長男と次男坊をお風呂に入れ終わって、ボクが風呂から上がって部屋に戻ったその時です。

 

嫁が、次男坊に薬を飲ませようとしていました。

 

時すでに遅し

間一髪、次男坊が薬を飲むのは阻止出来ました。

しかし、三男坊は二度目のお薬タイムを終えていました…。

まぁ、そんなに強い薬じゃないし、大丈夫だろうとなったんですけどね。

三男坊は1歳9ヶ月。流石に聞いても薬を飲んだかどうかなんて分かりません。

ましてや、薬を薬と思っていません。

美味しい飲み物と思っています…。

貰えるのなら何度でも貰う勢いです(;´Д`)

 

5歳児を信用してはイケない

嫁は次男坊に薬をボクに飲まされていないかを何度も確認したそうです。

次男坊はは『はい、はい、はい』と返事をしていたそうです。

「はいはい」って返事もおかしいと思うが…。

適当な次男坊。適当にはいはい言ってたんでしょうね。

だから嫁も薬を飲ませようとしたんでしょう。

 

けど、実際はもうボクに薬を飲まされていた…。

 

さらに、次男坊は嫁に怒らる結果となります…。

嫁:「薬まだ飲んで無いの(゚Д゚)?」

次男:「はい」

嫁:「飲んだの」

次男「はい」

嫁:「ドッチなの(゚Д゚)?」

次男:「はい」

 次男坊はもう眠いんでしょうね。スイミングスクールに行って来たし。

 

いい加減嫁もキレました。

「テキトーにハイハイ言ってんじゃなくてどっちなのΣ(゚Д゚)」

 

次男坊は少しは考えたんでしょうね。

その結果

 

 

へい(._.)

 

 

へ、へい!?

 

何を血迷ったのか、出た言葉が『へい

 

あまりにも突拍子もない返答が来たので、僕らも唖然とし、笑いをこらえるのに必死でした。

次男坊はそんな様子を察したんでしょうね。

調子に乗って暫くへいへい言ってましたよ。

 

 

親が同士がきちんと確認しなきゃならん

子供を信じたいのは当然でしょうけど、流石に薬は危ないですね。

面倒でも親同士が確認しなきゃならんと、改めて思いましたね。

ましてや、シロップの薬なので、飲んだかどうかメモリを覚えておくなんて、ボクには出来ませんしね。

 

で、二回分の薬を飲んだ三男坊ですが、あれから6時間経ちますが、すやすや寝ております。

いつもと違う点があるとすれば、寝返りを一回しかうってないことでしょうか。

特に、問題なさそうですよ(´ε` )

けど、次からは気を付けます!